2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

採寸&仮組み

 【09//2013】

ブレンボ…今回購入したのは、スズンボです。
ブレンボ社のニュースでGSX-Rにブレンボモノブロックキャリパーを供給というニュースを見て、良いモノが安くで手に入るなら欲しいな…と思っていました。

最初にGSX-R600、750に供給されたものはシルバーの地味なモノでしたが。

gsx-r600.jpg
というわけで、スズキの純正部品としてこのキャリパー買えるんですな。
シールキットもスズキから購入できることもリサーチ済。

そんなニュースも忘れていてまして、とにかく今使っているTOKICO純正キャリパー…評判悪い(゚ロ゚)
苛酷な使用をすると開いてくるとか、こないとか…
まぁ一般道でノロノロ走るワシには関係ないんですがね。

で、モノブロック(一体成型の)キャリパー欲しいなぁ…と最近思ってまして。
実は最初狙ってたのはホンダCB1000RR採用のTOKICO製モノブロックでした。
※ヤマハの住友のMOSキャリパーは、見た目すぐYZF-R1を連想してしまうので検討せず。


そして…GSX-R 100万台記念限定車が発売!
車体は目に入らず…キャリパーに目がいくワタクシ。
黒ボディーに赤文字がキタ!(゚∀゚)!
gsxr1000_l3.jpg


でMyニンジャに付けてみる。
国産車のラジアルマウントはおそらくみんな108mmピッチのようでスズキに付くならカワサキにも…もちろんポンで付くにはつきます。
DSC07779a.jpg
ところが何だかブレーキディスクがキャリパーに対して少し小さくない?
まだパッドが届いてないんだけど、なんだかキャリパーが外側にきてる?



で、純正のTOKICO製とスズンボを比べてみると…

キャリパーの足の長さが違いますわ。
TOKICO製のはキャリパー本体より足が短く、机に置くと足が浮いています。

逆にスズンボは足が長くてキャリパー本体が浮いています。
DSC07778a.jpg
元々アフターパーツ用のブレンボでは無いからねぇ。
GSX-R用に作ってあるから、ニンジャ(あ、フォーク一式はZX6RRか)には完全ポン付けとはいかないんですな。

でも大丈夫!
元々ブレーキディスクが使用限度厚を下回ったからディスクは今から注文するし。
要はオーバーサイズのブレーキディスクにすれば、逆にカラーも無しにこのままブレーキ性能もアップするんじゃな(・∀・)

ブレーキホースをつなぐ位置(赤○)も変わるので、ブレーキホースも短くしないと余ってしまう。
(届かないよりマシだけど、ホース長くてたるんでるとカッコ悪いし)

…というわけでポン付けとはいきませんが、手のかかるコほどカワイイのだ!
DSC07780a.jpg



(つづく)

Category: GPZ900R

Theme: GPZ900R

Genre: 車・バイク

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks